2017年06月16日

若草物語 (読書記録)


ここ数年、読書の記録は手書きのノートにメモ程度に書き付ける他、「読書メーター」に感想文を残していたが、どうやらアンドロイドのスマホでは読書メーターを使えなくなったようで、今まで記してきた内容が一切見られなくなってしまった。
(パソコンからログインすれば見られるようだがうちのパソコン故障中につき)

なので、また以前のようにここに残していこうと思う。

さて、昨日読み終えたのは、かの有名な、ルイザ・メイ・オルコット著、「若草物語」。
子供の頃にアニメで観たような観てないような…記憶が曖昧なのでググってみたら、私、放送時すでに高校生だったので、何度かはあるかもしれないが、毎週かじりついて観ていたわけではないもよう。

さて若草物語。
舞台は南北戦争只中のアメリカ。
戦地にいる父親を想いながら、四姉妹が母を支え、周囲に助けられながら成長していくお話。

物語の根底に信仰があるので、姉妹の成長と共に、仕事や役割があることのありがたさ、無い物、事を嘆くのではなく、ある物や周囲の人々、今に感謝し、又それらが出来なかった時には反省し、心と行動を改めることの大切さが説かれている。

かといって押し付けがましいわけでなく、姉妹と彼女らを取り巻く人達の物語に溶け込ませているので、素直に読み進める事が出来た。

そして、日々の自分の仕事(主に家事)で、手を抜いたり見ないふりをしていることの多さを省みて、ちょっとだけ腰が軽くなった。
取り急ぎ、数日前に取れたのをほったらかしだったスカートのフックを縫い付け、怠けていたウクレレの練習もした。

世間に知られるような大きなことを成し遂げなくても、日々、自分の暮らしの中で、小さな仕事や役割を果たしていくことの積み重ねが、大切なんだな。

「続・若草物語」も購入済みなので、間に何冊か挟んで、続きも読もうと思う。

現役の少女達にも、永遠の少女達にもおすすめの一冊。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

若草物語改版 [ ルイザ・メイ・オルコット ]
価格:820円(税込、送料無料) (2017/6/16時点)








ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村





posted by ひとみ at 15:36| Comment(0) | 本のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

梅バカ日誌2017 スタート


今年も楽しい季節がやってきた。
冬のお味噌作りもマーマレード作りも楽しいが、この、梅の季節の楽しみにはかなわない。

初めは、夫好みの昔ながらの酸っぱいしょっぱい梅干しがなかなか市販されていないため、それなら自分でと1sだけ漬けてみたのがきっかけではあったが、梅仕事は、今ではお節作りと並んで私自身の一番の趣味と言えるほどになった。

さて、毎年始めに出回るのが小梅。
5月の最後の土曜日に、荷物持ち(夫)を伴いサウスビレッジまで出向き、2kgちょっとの小梅を購入。
ちょうどよく熟していたので、その日のうちに仕込むことが出来た。


PicsArt_1496407401116.jpg



優しく洗った後、一粒一粒、水気を拭きながらなり口のヘタを取り、傷んだ梅をはじいて、漬けたのはきっかり500個。
よく熟していたおかげで、夕方漬けて、翌朝にはしっかり梅酢が上がっていた。

この作業の間、なんとも言えない甘酸っぱい香りが家中に広がり、天然のアロマにうっとりする。
この香りが梅仕事をする人への一番のご褒美だと思う。

その、小梅を漬けた翌日、突然インターフォンがなってモニターを見たら、ご近所の坊っちゃんの姿が。
急いでドアを開けると、坊っちゃんが重たそうに掲げた袋には、立派な青梅がたくさん。


DCIM1199.JPG



奥さまのご実家で採れる青梅を毎年分けて下さるのだけれど、今年はいつもの倍ほどの量、3sも戴いた。
ありがたやありがたや。

この青梅は、いつもどおり梅シロップにする。
私は数年前から、下ごしらえした青梅を一度冷凍してから仕込む方法にしている。
以前、生の梅に竹串で穴を空けてそのまま氷砂糖と漬ける方法も試したが、梅の実がシワシワになってしまった上に、なかなか氷砂糖が溶けなかった。
理由はわからないが、凍らせるようにしてからは失敗がないので、この先もこのやり方でいくつもり。


PicsArt_1496281990940.jpg



凍らせた梅と氷砂糖を交互に瓶に詰めたのが昨日。
台所の目につく場所に置いていて、時々瓶を傾けてくるくると回す。
あとは氷砂糖がすっかり熔けるまで、くるくるしながら待つ。

あぁ、なんという幸せ。

次は本命の大梅の梅干し。
2015年も2016も梅が不作で、梅を手に入れるのに苦労したが、今年は大丈夫かなぁ?



ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村





posted by ひとみ at 23:04| Comment(0) | 手仕事日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

巻き寿司のお弁当


夫のお弁当箱with the forceを新調してから、前よりずっと、お弁当作りが楽しくなった。
しかし連日の暑さで夫の食欲は下がり調子で、なかなか完食は難しいようす。

そこで今日は、いつもより少しお弁当作りに時間をかけて、巻き寿司にしてみた。


PicsArt_1495627186783.jpg



・巻き寿司(かにかま、きゅうり、たくあん)
・ねぎ入り玉子焼き
・鰹の竜田揚げ
・ブロッコリー ミニトマト
・生姜の甘酢漬け らっきょう 梅干し

夫の好きな、酸っぱいものオンパレードなメニュー。
お肉も食べたくないようなので、昨夜の鰹のたたきを少し取り分けておいて竜田揚げにした。
これが大正解で、お昼過ぎにかかってきた電話で「最高じゃった!」と喜んでくれた。
よっしゃ〜、明日も頑張るよ〜と思ったら、明日は他県に日帰り出張のため、お弁当いらないって。
あら残念。


実は巻き寿司を巻くのが苦手で、酢飯が多くてはみ出たり、巻きがゆる過ぎたり、いつも上手くいかない。
今朝も本当は、かにかま、きゅうり、たくあんをそれぞれ細巻きにしようとしたが、いきなりきゅうりで失敗してぼろぼろに…
それは私の朝ご飯にすることにし、気を取り直して残りの酢飯と具を思いきって一気に巻いたら、出来た!!

苦手苦手と逃げていてはいつまでも上手くならないし、この夏は、夫のお弁当で巻き寿司をしっかり練習し、ものにしようと思う。
あまり続くとあきられるから、ほどほどに、具を変えながら工夫してみよう。

また楽しみが出来た。



ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村





posted by ひとみ at 22:04| Comment(0) | ご飯日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

お弁当 with the Force


昨日、夫のお弁当箱を買いに街まで出掛けた。(と言っても車で10分ほどのイオン。)

お弁当箱は、結婚当初から使っている丸い二段の曲げわっぱと長方形の二段の塗りもどきのがあるが、去年、プラスチックのスタンダードな形のものが壊れてから、一段のお弁当箱がない状態が続いていた。
これがないと案外不便で、海苔弁やら天丼やらの「乗っけ系」が、二段式だと難しいのだ。

いつも行くスーパーやホームセンターには、女性物は色々なタイプのかわいいのがあるのに、モリモリ入る男性用は、なんの愛想もない黒のプラスチックで、蓋にパチッと留める密閉クリップ(?)がついているものや、さらに蓋にお箸が収納出来るものが多い。
このタイプのは何度か買ったが、非常〜に洗いにくく、とても壊れやすい。

次に買う物は、汁漏れには私が細心の注意を払うので密閉出来なくてもいいから、シンプルな造りで風情があるのが良いわ。
と、塗り物かアルマイトを候補に探してしたら…


うっかり見付けてしまった。


PicsArt_1495195388607.jpg



May the force be with you.

夫が喜ぶに違いない、ダースベーダーのお弁当箱。
もう、見付けてしまったらこれ以外考えられない。
正確には、ファルコン号のやR2-D2(だっけか?)など、シリーズの4種類があったので、夫に電話で希望を聞いて決めた。

黒のプラスチックではあるが、クリップで留めるタイプでもお箸が収納出来るタイプでもないので、私が難とする問題はクリア。
箸箱とお箸はあるので本当なら必要なかったけれど、こうなるとお揃いが欲しくなる。


で、さっそく今日、お弁当を詰めた。


PicsArt_1495195323756.jpg



あらまあ、幅とか深さとか、とっても詰めやすくて良いんじゃない?
食べる夫のテンションが上がるのも大切だが、作り手としても、毎日のことなので使いやすくあって欲しい。

久しぶりにお弁当作りがワクワク楽しくて、今日はおかずも一品増えた。


PicsArt_1495197223276.jpg



・海苔弁ご飯(おかかと海苔と梅干し)
・エビフライ
・豚のごぼう巻きの実山椒照り焼き
・小松菜のお浸し
・きゅうりとラディッシュの浅漬け
・苺

普段なら、エビフライかごぼう巻きか、どちらかひとつをメインにして、副菜を2種類にお漬物とミニトマトといったところ。(今日はミニトマトの代わりに苺)
料理は大好きだがお弁当作りはあまり得意ではないので、自分としては頑張ったほうだ。

これから暑くなるにつれて夫の食欲も落ち気味になるし、ちょっと、色々と新しいおかずやメニューを試してみようかな。




ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村





posted by ひとみ at 22:51| Comment(0) | ご飯日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

春の断捨離


連休も終わり、今日から平常運転。
気温も高く良い風も吹いていて、絶好の家事日和。
お布団と洗濯物を干して掃除機をかけ、続けて衣替えと断捨離にとりかかった。

秋冬物で、2016〜2017のシーズン中に着なかったものは迷わず破棄。
気に入って何度も着た為に痛みが目立ってきたものも破棄。
これから着る春夏物は、必ず着ると言い切れる物を残し、ピンとこない物、痛みがある物を破棄し、今期購入する(足りない)アイテムをチェック。

夏場は家事や買い物で汗をかいて1日に何度も着替えることがあるので、Tシャツの数だけは確保しておきたい。
とにかくドンドン着てガンガン洗濯するので、手頃な値段で着心地が良い物、着まわししやすいよう、余計なプリントや装飾がない物が望ましいが、今年は、とても肌触りが良いオーガニックコットンのTシャツが驚くほど安く売られていたので、黒の丸首とVネック各1枚、紺の丸首とVネック各1枚(全て無地)を既に購入した。
他にアイボリーとカーキを1枚ずつ買う予定。
あとは去年からの残留組と合わせれば、Tシャツはこれでまかなえるだろう。
ブラウスやチュニックもお気に入りの物がまだまだ現役。

ボトムスは、手持ちの物に加え、ストックしてある生地で、家で着るイージーパンツとスカートを各1枚縫う予定。
あと、ワンピースも1枚縫いたいところ。

と、色々と計画を立てながら箪笥の衣類を出し入れしたら、なんと、引き出し一段、まるまる空いてしまった。
(うちはシーズン物を箪笥の上の段に仕舞い、シーズンオフのものを下の段に移すという衣替えの仕方。)
断捨離は定期的にしているつもりだが、まだまだ余分な物、溜め込んでいたんだなあ。

空になった引き出しは、今はかごに入れて押入れに仕舞ってある、生地のストックを収納しようと思う。

洋服の断捨離ついでに、ぬいぐるみにも手を付けた。
ほとんどが出先でフラッと寄ったお店のUFOキャッチャーで夫がゲットした戦利品で、いただいた物もいくつかあった。
その中から、クッション代わりにしたり、小さな子が遊びに来た時にボール代わりになってくれるエルモと、一番大きくて子供に人気のパープルの熊ちゃんと、赤ちゃんプーさんを残した。


DCIM1174.JPG



この3つは洗濯機で洗っても大丈夫だったので、清潔に保てることも残す決め手となった。

こんなかんじで、衣類や雑貨の断捨離は比較的スムーズにいくのだが、私にとって一番の難関は食器棚。
とりあえず全ての食器が棚に収まってはいるが、半ば無理矢理というところもあり、奥に仕舞った物は非常に取り出しにくい。
だいたい、2人暮らしには明らかに数が多いのだ。

次の燃えないゴミの日までに3割ほど減らすことを目標に…頑張れるかなあ…。



ランキングに参加しています。
クリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村




posted by ひとみ at 22:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月07日

レモンの夢


この連休はドライブやら映画やらで、近場ばかりとはいえ毎日どこかしら出掛けて夫婦共に少し疲れも出ているので、最終日の今日は家でのんびり過ごすことにした。

朝一番、洗濯機を回している間にとりかかったのは、昨日買ってきたレモンの苗木の植え付け。
5年ほど育てていたブルーベリーが昨年だめになってしまい、鉢が2つ空いていて、何か実がなる物を植えたいなと夫と話してしたところ、少し前に一緒に寄ったホームセンターでレモンの苗木を見付けたが、その時は仕事の途中で、とりあえず保留。
春の土用も明けたし(土用の期間中は土いじりは避けたほうがよいとのこと)、そろそろだねと昨日あちこち探して回ったが、なかなかレモンに出会えず、結局、最初に苗木を見付けた隣の市のホームセンターまで遠征して、2本手に入れた。


PicsArt_1494140371349.jpg



私が鉢に土を入れて植え付けた後、園芸の心得のある夫が切り戻しの為に鋏を入れて、我が家の小さなベランダに新しい顔が仲間入り。

最初の1〜2年は実が付かないように摘花、摘実をするようにとのことで、上手くいけば再来年には自家製レモンで料理が出来る。
私は無農薬のレモンを皮ごと使い、香り豊かなレモンパイや、地中海風の魚料理にも挑戦したいと夢見ているが、夫が楽しみにしているのは、新鮮なレモンをぎゅっと絞った「塩タン」らしい。

2人それぞれの夢、どちらも叶いますように。



ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村




posted by ひとみ at 16:03| Comment(0) | 手仕事日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

本を贈る


今日、4月23日は「サン・ジョルディの日」、「世界図書・著作権デー」、「本の日」などと呼ばれており、大切な人に本や花を贈る日なんだそう。(昨日テレビで知った)

ちょうど今日は街に出て、3時間ほど一人で時間を潰さなければならず、はなから丸善に行く予定にしていた。
それならばと、普段は(老眼のため)本を敬遠する夫に、一冊プレゼントすることにした。

選んだのがこの本。


PicsArt_1492950400087.jpg



小澤征爾さんの自伝的エッセイ。
尊敬する小澤さんの本ならばたとえ老眼で読めなくても持っているだけでも嬉しいだろう。
それに、どうせ私も読むのだから、私が先に読んで解説してやってもよい。と、書店で本を開いてみると、字が大きめだったので老眼の(しつこい)夫でも大丈夫そうだ。

夫へのプレゼントを選んだ次は自分へのプレゼントも忘れずに。
まあ、本は普段からよく買うし今更プレゼントもないが、いつもは収納スペースとコストの問題と、あと、仕事などで外出する際にも常に一冊バッグに本を入れているので、出来るだけ、かさばらない文庫本を選んでいる。

しかしプレゼントならば単行本に限る。
やはりテンションが違う。

選んだのはこれ。


PicsArt_1492950797378.jpg



いろんな作家さんによる、パンにまつわるエッセイ集。
私は、レシピ本よりも、料理が出てくるエッセイや物語を読んだ時のほうが、ずっと創作意欲をそそられる。
なので料理好きのわりにレシピ本はあまり持っていない。

そしていくら料理が好きでも、毎日3食作っていれば献立にマンネリを感じたり何も作りたくないこともある。

そういう時には、美味しそうな食べ物が出てくる本を読めば、すぐにでも台所に立ちたくなる。

きっと私は、この「こんがり、パン」を読んだあと、パンをこねるだろう。




ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村




posted by ひとみ at 22:31| Comment(0) | 本のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

ブランケットステッチ


Facebookを使っていた間、ほとんどブログを書かなくて、ずっとほったらかしにしてしまいました。
けど、先月Facebookを退会したので、また時々ここに何か書こうかなと思っています。

******************************

キッチンの手拭き用のタオルがくたびれてきたので、新調することにした。
以前はレモンイエローの物を使っていたが、今回はなんだか白の気分だった。
使う前に一度洗濯をした真っ白なふわふわタオルをタオルホルダーにかけると…なんだか、ちょっと、地味すぎたと言うか、所帯染みた雰囲気になってしまった。

なので、なんとか明るいかんじにしようと、赤い刺繍糸でブランケットステッチを入れてみたら、あら、ちょっと可愛いじゃない?

PicsArt_1491178425967.jpg


キッチンのタオルなんて、私以外は使わないし誰が見るわけではないけど、そういう、どうでも良いところこそ、ちょっと手を入れてあげるとずっと楽しくなる。
さてと、ブランケットステッチ、あと5枚!!


ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村




posted by ひとみ at 10:10| Comment(0) | 手仕事日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする