2017年07月26日

梅でチャツネを作る


梅雨も明け、昨夜は土用の鰻もいただいて、そろそろ小梅を干したいところだけれど、天気予報で降水確率を見ると当分20〜40%の日が続き、カラッと晴れるのはしばらく先のよう。

それならば、先に梅シロップを仕上げてしまいましょう。
先ず、シロップから引き上げた梅の実を30個ほど、甘露煮にした。
去年初めて作ってみたらすごく美味しくて、でも糖分考えたら怖いから、私は味見程度に少しだけいただくことにして、スリムな友人にお裾分けする分も含めてこの量。


DCIM1246.JPG



それでもまだまだ残っている梅の実。
この青梅は近所の奥様のご実家で採れたものを分けてくださったもの。
とても良い梅だったので、無駄なく利用したい。
そこで、今年はチャツネを作ることにした。
今年の始めに、いただいたりんごが食べきれそうになかったのでチャツネにしてみたところ、とても使い手が良かった。
酸味があるフルーツならりんごじゃなくても作れるんじゃないか?とググったら、やはり、梅シロップの残りの実でチャツネを作るという方が思った以上にたくさんいらっしゃった。

チャツネはまとめてたくさん作っておけば、カレーだけでなくブラウンシチューやハヤシライス、ミートソース、スペアリブ等のお肉の煮込みなどに調味料として加えると、一気に味に深みが出る。
なので、残りの梅の実を全て、一時間かけて刻んで、山盛りのチャツネを作った。


PicsArt_1501072312828.jpg



こうして、使いきりやすいように小さめの瓶に小分けにして、しっかり脱気して煮沸しておけば1年は持つ。(多分)
この梅チャツネ、レシピは、あるようで、ない。

参考にしたのは、作家の檀一雄さんのこの本。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

檀流クッキング改版 (中公文庫) [ 檀一雄 ]
価格:720円(税込、送料無料) (2017/7/26時点)





基本的に料理本というよりもエッセイなので、どの料理にも細かい分量表記などなく、すこぶる大雑把に材料と作り方が書かれている。
(私が持っているのは文庫本だが、息子さんご夫婦がレシピを再現されたものが「完全版」として分厚い単行本で発売されていて、そちらには分量も出ているのではないかと思う。)
その、檀さんの本にならって私も大雑把に、適当な量のニンニクと生姜を炒め、大量の刻んだ梅を放り込み(※本の中ではりんごを使用)、どうせなら体に良いものをプラスしようと、刻んだ乾燥ナツメとクコの実をザバッとプラス。
ナツメとクコの実は薬膳料理には欠かせない食材で、密かに薬膳を勉強中の私も常備している。
加えて、唐辛子、粗塩、米酢。
レシピにはないが、他の料理に使った残りの白ワインもドボドボ。
で、ひたすらコトコト、トロトロになるまで煮込む。

この上なく適当なのに、味見をするとそれっぽくなっているから不思議。
梅シロップや梅酒作りで残った実の扱いに困っている方があれば、試していただきたい。
もちろん、梅仕事をされないお宅でも、元のレシピはりんごなので、りんごの美味しい時期にぜひ。
もっと言うと、本場インド方面ではチャツネをマンゴーで作るらしいので、セレブな御宅はマンゴーでどうぞ。






ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村





posted by ひとみ at 22:29| Comment(0) | レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

続・若草物語(読書記録)


ここ数日、雨が降っていないけど、もう梅雨って明けたんだっけ?と思ったら、まだみたい。

お布団が干せなかったり洗濯物が乾きにくかったりと多少の困りごとはあるが、本来、雨の日は嫌いではない。
車の音など、気になる音を雨が消してくれるので、本を読んでいてもずっと集中できる。

おかげで、若草物語シリーズの2冊目も予定より早く読み終えた。
「続・若草物語」は、姉妹が、少女時代から大人の女性へと成長した姿を描いている。
大人になっても失敗と反省と改革と成長を繰り返し、素敵な出逢いや悲しい別れを経験し、愛に満ちた女性に育っていく様に引き込まれ、数日は寝不足気味だったが、読み終えた時の満足感は、シリーズ1作目にも全く負けなかった。
特に、ジョーがニューヨークで出逢う「ベア先生」がとても魅力的で、ジョーがドイツ語を教わるシーンが心暖まった。

そして、楽しいばかりでないのが読書。
登場人物の欠点や失敗が自分と重なり、心の中で一人大反省会が行われること度々。
150年ほど前、アメリカ南北戦争の頃の物語だが、メグの新婚生活や子育てのシーンなど、現代の日本の女性にも、共感するところや、心当たりがあり思わず「うっ…」と唸ってしまうところがあるのではないかと思う。
かのように言う私も大いに唸った。

この反省を日々に生かせればもっと…

「赤毛のアン」もそうだけど、これらはもう、児童文学ではなく大人が読む本だな。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

若草物語(続)改版 (角川文庫) [ ルイザ・メイ・オルコット ]
価格:802円(税込、送料無料) (2017/7/17時点)







ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村





posted by ひとみ at 16:43| Comment(0) | 本のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月14日

枕カバーと、暮らしのノート


梅雨の時期、何が辛いって、お布団が干せないのが辛い。
うちは畳の部屋にお布団を敷いて寝ていて、晴れている日には、朝、お布団を押し入れにしまわずベランダに直行で干し、取り込むとそのまま敷く。
雨の日や怪しい天気の時、1日中留守にする日にはたたんで押し入れにしまうけど、岡山は「晴れの国」と自称するほど雨の日が少ないので、お布団はベランダへ…が日常。
ふかふかのお布団に入る瞬間は本当に幸せだからね〜。
疲れの取れかたが違う気がする。

それがなかなか叶わない梅雨の間も、枕カバーだけは毎日取り替える。
せめて枕くらいは清潔に、気持ちよく眠りたいので、カバーは夫と私の分、各3枚ずつ用意していて、雨で洗濯物が乾きにくくても大丈夫なようにしてある。

そんな枕カバー。
うちは市販品は使わず、全て、私が好きな布を選んで縫っている。
市販のものは、サイズを見て買ってきてもきっちきちで脱着に一苦労だったり、ゆとりがあっても寝ていて生地がズルズル動くと気持ち悪い。

小さいことでも、それは毎日のこと。
そんなストレスはないほうが好ましい。
なので、しっかり地直しした生地で、うちのまくらにピッタリな枕カバーを縫って使っている。

で、その枕カバーのサイズを、作る度に計ってどこかにメモしては、次に縫う時に「あれ?どこに書いたっけ?」とまた計る…というようなことが続いたので、そんな日々の細々したことを書き残すノートを作った。


PicsArt_1499955145812.jpg



料理のレシピノートの、暮らし版といったかんじか。
裁縫のことだけでなく、ベランダの草木の剪定の時期だとか、種まきの適時だとか、布巾を煮洗いする時の重曹の量だとかも書き留めておけば、「あれはこのノートに書いた?あの本に載ってた?」とウロウロせずにすむ。という段取り。

さあ、そろそろ新しし枕カバーも欲しくなってきた。
近々生地屋さんにいくべし。




ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村





posted by ひとみ at 14:34| Comment(0) | 手仕事日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

らっきょうの塩漬け


大梅も漬け終わり、小梅の樽に赤紫蘇も加え、さあ次は!と、昨日は夫を荷物持ちに任命して、らっきょうを仕入れに出掛けた。

購入したのは2kgと、梅の10kgに比べたら可愛いもの…のようにも思えるが、実はらっきょう漬けの下ごしらえのほうが梅よりも手間がかかる。

大きなたらいで何度も何度も水を変えながら、らっきょうの土を落とす。
一粒一粒、包丁で根と茎を切り落とし、再び水の中へ。
また一粒一粒、水の中で薄皮を剥いて、全員色白美人になったら三度水の中で優しく、丁寧に洗い水気を切る。
そして瓶に詰め、塩水をひたひたに。

この頃には私の指はシワシワ。


PicsArt_1499588301412.jpg



このまま2週間ほど置き、次の行程へ。

この度のらっきょう、とても粒が大きく、通常の2倍以上あろうかというものも。
一緒に買いに行った夫(食べるほう専門)も「でっけえなあ」と驚いていた。
食べごたえありそう。
出来上がるのが楽しみだなあ。


そして、木曜日に漬けた梅の様子も毎日チェック。


PicsArt_1499588349508.jpg



さすがの完熟梅。
もう十分すぎるほどたっぷりと梅酢が上がっている。
これは、間違いなく美味しい梅干しになるね。
これも、赤紫蘇を加えるまでこのままにしておく。


そして今日は、ベランダのプランターにバジルの種を蒔いた。
本当は5月くらいに蒔く予定で種を用意していたが、なんとなくやりそこねていた。
もうすっかり暑くなってしまったので今年はやめておこうかとも思ったが、まあ、種があるんだからダメ元でやってみよう。

上手く育ったらピザにトマトソースにジェノバソースに、料理する楽しみがたくさん。
お願い育ってね〜。


ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村




posted by ひとみ at 18:18| Comment(0) | 手仕事日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

完熟梅を漬ける


小梅を漬けてから1ヶ月。
いつもならもう大梅も漬けている時期だが、今年は迷っていた。
昨年漬けたのがまだたくさんあるし、今年は(今年も?)梅が不作のようで、スーパーでは梅酒や梅シロップ用の青梅は多少見かけたが、そのあとに出回るはずの完熟梅をほとんど見ることなく、あっても数袋、端に寂しげに置かれていたくらい。

梅干し用の樽は大きめのものを用意しているので、最低でも5〜6kgはないとうまく梅酢が上がらない。
毎年、漬けた梅をご近所さんや友人に御裾分けしているが、それをあきらめれば、自宅で1年食べるくらいの在庫はある。
で、出した結論が、仕事や所用が落ち着く7月になって、心当たりのあるお店を2〜3件回って、手に入らなかったら潔くあきらめる。
(本当に手に入れようと思えば梅の時期がこちらより遅い東北などの寒い地域から取り寄せれば良いのだ)

そして昨日、いよいよ梅探しに出掛けて、2件目であった!!
地元産の、完璧な熟れ具合の、とっても美しい南高梅!!


PicsArt_1499310729965.jpg



嬉しさに小躍りしたい気持ちを抑え、10kg購入。
(一度で10kgは重いので二度に分けて買い車を往復した)
帰宅してささっと昼食をすませ、いざ。
完熟なので水に浸けておく必要もなく、洗ってすぐ、なり口のヘタを取り、水気を拭いて、18%のお塩で漬ける。
この間、家中に漂う甘い香りがたまらなく幸せ。


PicsArt_1499346794820.jpg



それで、何が凄いって、10袋購入したうちで、傷みで使えなかった梅がたったの2粒!
スーパーで買うと、下手したら1割〜2割破棄しなければならないこともあるので、これはすごいこと。
その2粒も傷があったのではなく、よく熟れているので、袋の中で他の梅に押され、なり口からじわっと実が出てしまっていたもの。
生産者さんの名前が書かれていて、女性だったのだけれど、その方が袋に詰める際に、梅の実をとても丁寧に選別され、扱われたんだなあというのが、梅を通して伝わってきた。
出来ることなら直接お会いしてお礼を言いたいくらい。

迷った末に漬けた、私の梅干し作り史上最高の状態の梅。。
あ〜今年も漬けてよかった
楽しかった!!


そして先月漬けた小梅の樽には、今日、赤紫蘇を揉んで加えた。


PicsArt_1499428377862.jpg



ベランダのプランターにも赤紫蘇は植えてあるが、スペースの問題でそんなにたくさんではない。
以前、私が赤紫蘇を入れたいと思った時期が遅くて、扱っているお店を探すのが大変だったことがあるので、いざと言う時の保険に植えている。
なので今回、小梅には買ってきた赤紫蘇を使用し、ベランダのは昨日漬けた大梅に使う。


そしてそして、練り梅。
これからの季節には、梅干しをそのまま食べるだけでなく、おかずや冷たい麺類など、調味料としての使用頻度も上がる。
なので、去年漬けた梅干しを30個ほど、種を取り、包丁でたたいて練って、練り梅にした。
こうして瓶に入れておけば、料理の度にたたかなくても、スプーンでひょいとすくって使え手軽。


PicsArt_1499428421058.jpg



今回のことで、私はいかに自分が梅干し作りが好きか実感した。
もう、来年からは迷うことなく必ず漬けよう。
たくさん漬け過ぎたら、その分たくさんの方に御裾分けすれば良いのだ。


さあ、次はらっきょうだな。




ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村





posted by ひとみ at 22:15| Comment(0) | 手仕事日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

若草物語 (読書記録)


ここ数年、読書の記録は手書きのノートにメモ程度に書き付ける他、「読書メーター」に感想文を残していたが、どうやらアンドロイドのスマホでは読書メーターを使えなくなったようで、今まで記してきた内容が一切見られなくなってしまった。
(パソコンからログインすれば見られるようだがうちのパソコン故障中につき)

なので、また以前のようにここに残していこうと思う。

さて、昨日読み終えたのは、かの有名な、ルイザ・メイ・オルコット著、「若草物語」。
子供の頃にアニメで観たような観てないような…記憶が曖昧なのでググってみたら、私、放送時すでに高校生だったので、何度かはあるかもしれないが、毎週かじりついて観ていたわけではないもよう。

さて若草物語。
舞台は南北戦争只中のアメリカ。
戦地にいる父親を想いながら、四姉妹が母を支え、周囲に助けられながら成長していくお話。

物語の根底に信仰があるので、姉妹の成長と共に、仕事や役割があることのありがたさ、無い物、事を嘆くのではなく、ある物や周囲の人々、今に感謝し、又それらが出来なかった時には反省し、心と行動を改めることの大切さが説かれている。

かといって押し付けがましいわけでなく、姉妹と彼女らを取り巻く人達の物語に溶け込ませているので、素直に読み進める事が出来た。

そして、日々の自分の仕事(主に家事)で、手を抜いたり見ないふりをしていることの多さを省みて、ちょっとだけ腰が軽くなった。
取り急ぎ、数日前に取れたのをほったらかしだったスカートのフックを縫い付け、怠けていたウクレレの練習もした。

世間に知られるような大きなことを成し遂げなくても、日々、自分の暮らしの中で、小さな仕事や役割を果たしていくことの積み重ねが、大切なんだな。

「続・若草物語」も購入済みなので、間に何冊か挟んで、続きも読もうと思う。

現役の少女達にも、永遠の少女達にもおすすめの一冊。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

若草物語改版 [ ルイザ・メイ・オルコット ]
価格:820円(税込、送料無料) (2017/6/16時点)








ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村





posted by ひとみ at 15:36| Comment(0) | 本のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

梅バカ日誌2017 スタート


今年も楽しい季節がやってきた。
冬のお味噌作りもマーマレード作りも楽しいが、この、梅の季節の楽しみにはかなわない。

初めは、夫好みの昔ながらの酸っぱいしょっぱい梅干しがなかなか市販されていないため、それなら自分でと1sだけ漬けてみたのがきっかけではあったが、梅仕事は、今ではお節作りと並んで私自身の一番の趣味と言えるほどになった。

さて、毎年始めに出回るのが小梅。
5月の最後の土曜日に、荷物持ち(夫)を伴いサウスビレッジまで出向き、2kgちょっとの小梅を購入。
ちょうどよく熟していたので、その日のうちに仕込むことが出来た。


PicsArt_1496407401116.jpg



優しく洗った後、一粒一粒、水気を拭きながらなり口のヘタを取り、傷んだ梅をはじいて、漬けたのはきっかり500個。
よく熟していたおかげで、夕方漬けて、翌朝にはしっかり梅酢が上がっていた。

この作業の間、なんとも言えない甘酸っぱい香りが家中に広がり、天然のアロマにうっとりする。
この香りが梅仕事をする人への一番のご褒美だと思う。

その、小梅を漬けた翌日、突然インターフォンがなってモニターを見たら、ご近所の坊っちゃんの姿が。
急いでドアを開けると、坊っちゃんが重たそうに掲げた袋には、立派な青梅がたくさん。


DCIM1199.JPG



奥さまのご実家で採れる青梅を毎年分けて下さるのだけれど、今年はいつもの倍ほどの量、3sも戴いた。
ありがたやありがたや。

この青梅は、いつもどおり梅シロップにする。
私は数年前から、下ごしらえした青梅を一度冷凍してから仕込む方法にしている。
以前、生の梅に竹串で穴を空けてそのまま氷砂糖と漬ける方法も試したが、梅の実がシワシワになってしまった上に、なかなか氷砂糖が溶けなかった。
理由はわからないが、凍らせるようにしてからは失敗がないので、この先もこのやり方でいくつもり。


PicsArt_1496281990940.jpg



凍らせた梅と氷砂糖を交互に瓶に詰めたのが昨日。
台所の目につく場所に置いていて、時々瓶を傾けてくるくると回す。
あとは氷砂糖がすっかり熔けるまで、くるくるしながら待つ。

あぁ、なんという幸せ。

次は本命の大梅の梅干し。
2015年も2016も梅が不作で、梅を手に入れるのに苦労したが、今年は大丈夫かなぁ?



ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村





posted by ひとみ at 23:04| Comment(0) | 手仕事日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

巻き寿司のお弁当


夫のお弁当箱with the forceを新調してから、前よりずっと、お弁当作りが楽しくなった。
しかし連日の暑さで夫の食欲は下がり調子で、なかなか完食は難しいようす。

そこで今日は、いつもより少しお弁当作りに時間をかけて、巻き寿司にしてみた。


PicsArt_1495627186783.jpg



・巻き寿司(かにかま、きゅうり、たくあん)
・ねぎ入り玉子焼き
・鰹の竜田揚げ
・ブロッコリー ミニトマト
・生姜の甘酢漬け らっきょう 梅干し

夫の好きな、酸っぱいものオンパレードなメニュー。
お肉も食べたくないようなので、昨夜の鰹のたたきを少し取り分けておいて竜田揚げにした。
これが大正解で、お昼過ぎにかかってきた電話で「最高じゃった!」と喜んでくれた。
よっしゃ〜、明日も頑張るよ〜と思ったら、明日は他県に日帰り出張のため、お弁当いらないって。
あら残念。


実は巻き寿司を巻くのが苦手で、酢飯が多くてはみ出たり、巻きがゆる過ぎたり、いつも上手くいかない。
今朝も本当は、かにかま、きゅうり、たくあんをそれぞれ細巻きにしようとしたが、いきなりきゅうりで失敗してぼろぼろに…
それは私の朝ご飯にすることにし、気を取り直して残りの酢飯と具を思いきって一気に巻いたら、出来た!!

苦手苦手と逃げていてはいつまでも上手くならないし、この夏は、夫のお弁当で巻き寿司をしっかり練習し、ものにしようと思う。
あまり続くとあきられるから、ほどほどに、具を変えながら工夫してみよう。

また楽しみが出来た。



ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村





posted by ひとみ at 22:04| Comment(0) | ご飯日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする