2018年03月01日

自家製オイルサーディン


スーパーの鮮魚売り場を物色していると、パックにぎっしり詰まった真鰯がおすすめ品として並んでいた。
「唐揚げか南蛮漬けか、オイルサーディンにしても美味しいけど、今日はそんな元気ないな…」
と、一度は通りすぎたものの、どうにも後ろ髪を引かれ、戻って2パック購入。

先月真鰯でカレー味の唐揚げをしたので、今日はオイルサーディンを作ることに。
前に作ったレシピは、下処理した鰯に塩をふってしばらくおき、キッチンペーパーで水気を拭いてからオリーブオイルでゆっくりと煮るというものだった。
ネットで検索すると、塩水に浸けておくレシピがあり、また別のレシピではオリーブオイルだけでなくサラダ油をブレンドすることで軽い仕上がりになるとあったので、今回はこの2つの方法をミックスし採用してみた。

下処理した真鰯を8%の塩水に2時間浸けた後、しっかり水気を拭いたらフライパンに並べ、白ワインを振りかけてオリーブオイルとキャノーラ油をひたひたに注ぎ、スライスしたにんにく、唐辛子、ローリエ、ベランダの鉢から摘んできたローズマリーを投入。
小さな鰯なら1時間ほどで骨まで柔らかくなるが、今日のは15〜18cmほどあったのでしっかり2時間、弱火でコトコト煮て完成。
出来立ては油の温度が高いのでしばらくそのまま冷ましてからオイルごと耐熱容器に移し、しっかり冷めたら冷蔵庫で保存。
1週間ほど美味しく食べられる。


PicsArt_1519906966498.jpg



そのまま食べてももちろん美味しいが、缶詰めオイルサーディン同様、たっぷりのオニオンスライスをのせてオーブンで焼き、レモンを搾ってお醤油をたらせば、夫が喜ぶ酒の肴にも、ご飯のおかずにもなる。
薄いトーストにのせたり、ホットサンドも美味しい。

前回、自家製お味噌の記事でも書いたが、オイルサーディンも市販品で美味しいものがたくさんあるし、私自身も普段は缶詰めを利用している。
ただ、自分で作れば好きなハーブやスパイスで好みの風味を付けられるし、手間暇かけただけ、やはり格別に美味しく感じる。

オイルサーディンがお好きな方は、小ぶりで新鮮な鰯と目が合ったら、ぜひ手作りにトライしていただきたいと思う。




*********************************


ブログを更新できない時でも、ツイッターでは時々呟いています。
料理や読書のことなど、本当に時々ですが、ブログの更新のお知らせも連動させていますので、ツイッターをされている方は、よろしければフォローしてみて下さい。
無言フォローで全く構いません。


ひとみ (@hitomincolor)
https://twitter.com/hitomincolor




ランキングに参加しています。 下のバナーをクリックしていただけると嬉しいです。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村







posted by ひとみ at 22:21| Comment(0) | 手仕事日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。